重陽の節句

9月9日、今日は「重陽の節句」です。中国から伝来した五節句の一つで、健康長寿を願い、祝う日です。その中で一番大きな陽の数、9が重なった「重陽の節句」は、一年で最も縁起のいい日とされています。

2016-09-09_14-54-59-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

長寿の象徴ともされる秋の花、菊にちなみ「菊の節句」とも呼ばれています。平安時代には節句の前夜に、菊のつぼみに綿をかぶせ、菊の香りと夜露をしみ込ませた「着せ綿(きせわた)」というものをつくり、翌9日の朝、その綿で身体を拭うと健康長寿が保たれると伝えられていたそうです。

2016-09-07_15-34-55

今でも神社によっては無病息災を願い、菊を使った神事などが行われるそうですが、プリザーブドフラワーの菊づくしのアレンジを飾ってみるのはいかがでしょうか。いけばなでも、毎年この時期は菊づくしに生けるお稽古をしていたことが思い出されます。

2016-09-09_14-54-19-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

お抹茶とお菓子を添えれば、歳時をよりいっそう楽しむことができます。諸江屋さんの「菊花せんべい」。唐菊形の軽焼きせんべいが、黄色の生姜砂糖で美しく化粧されています。うっすら黄色く彩られた菊の形もおせんべいは、なんとも可愛らしく風流な気がしてきて、つくづく日本人の繊細さや奥深さを感じることができます。

img1473407159701

フランスから始まったプリザーブドフラワーですが、こうやって日本の季節や行事を取り入れることによって、日本ならではのアレンジとして楽しむことができるのは素敵なことです。いけばなのエッセンスも取り入れながらのレッスン、ご興味ある方は、体験レッスンからスタートしてみませんか。

レッスンの雰囲気を味わってください

「お花はまったく初めてなんですが、大丈夫でしょうか・・・」
「プリザーブドフラワーは体験してみたいけどどんなレッスンをしているの・・・」というお声をお聞きすることがあります。
そんなお声をもとに、実際にお花に触れて雰囲気を体験していただくレッスンをご用意しています。

お時間のないお忙しい方も大丈夫です

プリザーブドフラワーは生花のフラワーアレンジメントとは違ったテクニックが必要ですが初めての方にもわかりやすく短時間で作成できるレッスンを体験していただいています。
1時間半~2時間程度でポットアレンジを作成し、ラッピングをしてお持ち帰り頂きます。

自分スタイルで受講できます

おひとりで真剣に、またはお友達とご一緒に楽しくお話ししながらとお好きなスタイルでの受講が可能です。

☆初めての方に限り1回のみ受講可能です
☆1回あたり4000円(レッスン・花材費込)
☆レッスン後はティータイムをお楽しみください

お問い合わせフォームはこちらです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

確認用アドレス(必須)

お電話番号(必須)

お問い合わせ内容

メッセージをご記入ください。

メールアドレスの打ち間違い、ご記入漏れがないか、ご確認ください。

← よろしければチェックを入れて送信してください。

正常に送信された場合、下に「送信済みメッセージ」が表示されます。ご記入いただいたメールアドレスに、送信内容の確認メールが届きます。